会長あいさつ

   

一般社団法人福岡県病院薬剤師会

会長 野中 敏治

(国家公務員共済組合連合会 浜の町病院)

   

この度、一般社団法人福岡県病院薬剤師会の第10代会長を務めさせていただくことになりました野中敏治です。本会は1956年8月に福岡県薬剤師会の一部会として設立され、1969年6月に福岡県病院薬剤師会として独立、病院薬剤師の職能向上のため事業を推進してまいりました。2017年6月には一般社団法人となり、現在は会員数が2,000名を超えるに至っております。このような60年以上もの歴史と伝統がある福岡県病院薬剤師会の会長を引き継ぐにあたり、その重責に身が引きしまる思いです。微力ながら本会の発展ならびに病院薬剤師の知識や技術の向上に寄与し、地域医療に貢献していきたいと考えております。本会をご支援くださる皆様、会員の皆様のご支援とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

近年、医療の高度化や高齢化の進展によって、病院薬剤師を取り巻く環境は大きく変化しており、調剤、製剤等の主に「モノ」を対象とした業務から、服薬指導、チーム医療等の「ヒト」を対象とした業務への展開が益々加速しています。更に医薬品情報の提供、医薬品適正使用の推進、副作用の防止、個別最適化といった業務も加わり、個々の患者さんに安全で最適な薬物療法を提供するための多様な役割が病院薬剤師に求められています。このため、病院内での病棟薬剤業務やチーム医療の一員としての役割を担う一方、病診薬連携においては医師、看護師をはじめとした病院外の他の医療スタッフ及び薬局薬剤師等と連携した働きが重要となっています。

福岡県病院薬剤師会は日本病院薬剤師会と連携を図りながら、福岡県下の病院および診療所に勤務する薬剤師の更なる質的充実ならびに向上を目指すことを目的に事業を行っております。

事業は一般社団法人化に伴い、「広報委員会」、「研修委員会」、「医療安全対策・医薬情報委員会」、「病診薬連携・中小病院委員会」、「薬学教育委員会」ならびに4分野の専門薬剤師研修会(オンコロジー・感染制御・精神科薬物療法・周産期医療薬物療法)体制を整備して進めております。また、皆様もご存知のように現在、地域包括ケアシステムにおいて薬局薬剤師と連携した病院薬剤師の地域医療への貢献が求められています。そこで、各先生方にご意見を伺い病診薬連携に関する新たな取り組みができればと考えております。

最後に福岡県病院薬剤師会では病院薬剤師としての在り方を考え、中長期的な視野で目指すべき方向性をしっかりとイメージし、役員一同協力して各種事業に取り組んで参りますので、今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。